交通事故 当事務所の特徴

愛知県の行政書士では数少ない交通事故関連業務、後遺障害認定を主に承っております。

画像の説明

後遺障害認定後は交通事故に精通した弁護士と連携して示談交渉を行っておりますのでワンストップで問題解決に進むことができます。
また、お客様の状況によっては、最初から弁護士に依頼したほうが良い場合がございます。
その場合は、連携している弁護士をご紹介することも可能です。

もちろん、依頼者様の意思、状況、利益を優先しますので、無理にすすめることはありませんし、下記のような場合は交通事故紛争処理センターの手続きを支援することも可能です。
交通事故紛争処理センターについてはこちらをご覧下さい。
(依頼者様本人が相手方(保険会社さん)と示談交渉することは可能ですが、苦労の割りになかなか良い結果となることは少ないです。)
下記のような方が交通事故紛争処理センターを利用すると良い結果となることが多いです。

  1.  弁護士費用特約に加入していない場合
  2.  遺失利益が少ないと予想される場合
  3.  平日に時間を取る余裕がある場合

事故解決までしっかりとサポートさせて頂きます。

いいだ法務事務所はこんな事務所です。

画像の説明

ご相談は何度でも無料です。
出張相談も対応しております。
相談者様のご相談内容にじっくり耳を傾け、親切丁寧にアドバイスすることを心がけております。
また、ご依頼についてお願いしたり、お勧めしたり、勧誘することはありません。
依頼するか否かについては、じっくりご検討くださいと案内しております。
相談後日に相談者様に対して依頼の有無について電話確認・勧誘することもありません。
(急いだ方が良い場合を除く)
相談後に、別の専門家に相談や依頼をされてもかまいません。
当事務所に相談頂いたご縁に感謝し、誠心誠意対応しますので、下記のような場合はお気軽にご相談ください。   
                             
[check] 交通事故被害を受けたが、今後の流れを知りたい。
[check] 後遺障害の申立手続をどうすればよいか知りたい。
[check] 後遺障害申立にあたって、何をどのようにすればよいのか知りたい。
[check] 認定された後遺障害等級が妥当なのか知りたい。
[check] 後遺障害が非該当となったが、異議申立をするメリットがあるか知りたい。
[check] 後遺障害異議申立はどのようにしたらよいのか知りたい。
[check] 保険会社からの提示額について妥当なのか知りたい。
[check] 行政書士に依頼すべきなのか、もしくは弁護士に依頼するべきなのか知りたい。
[check] 専門家に依頼する費用対効果を知りたい。

残念ながら後遺障害非該当になってしまった場合でも

少なからず後遺障害申請(特に12級、14級)は残念ながら非該当(不認定)という結果になることがあります。
そんな場合でもご安心下さい。
当事務所では弁護士と連携しております。
例え非該当(不認定)になってしまった場合でも連携弁護士により適正な慰謝料を請求することが可能です。

[check]でも、弁護士費用ってお高いんじゃないの?
[check]非該当でも相手にしてくれるの?
[check]費用対効果のメリットがあるの?
ご安心下さい。
当事務所も連携弁護士も依頼者様の意思、状況、利益を優先します。

当事務所とお客様とのお約束

当事務所では、過大表現、過大広告は致しません。
他の交通事故・後遺障害関連のHPを見ますと認定率○○%以上!というキャッチコピーを見かけますが、実務上不可能と思われるものも少なくありません。
当事務所では、近年の業界の動向や経験を踏まえてしっかりとお客様に現在の状況をお伝えします。
後遺障害認定等級の認定・不認定に関らず問題解決までサポートさせて頂きます。

相談する時期について

事故発生から早ければ早いほど適切なアドバイスが可能です。
土日祝日も対応しておりますが出られない場合もございますので、事前にメール又はお電話にてご連絡下さい。

 お問い合わせはこちらから