後遺障害とは

交通事故における後遺障害の定義としては、【後遺障害】とは交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害(ケガ)が、将来においても回復の見込めない状態(症状固定)となり、交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係(確かな関連性・整合性)が認められ、その存在が医学的に認められる(証明できる、説明できる)もので、労働能力のそう失(低下)を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するものと定義されています

自賠責における後遺障害は、後遺障害ごとに1級~14級に分類されています。

よくあるご相談としては、追突事故などでのムチウチ症(頚椎捻挫や頚椎挫傷)です。
事故後、症状が回復せずに後遺症が残った場合、下記のような等級を狙うことになります。

XP(レントゲン)やMRI(磁気共鳴画像法)での画像所見無しの場合→後遺障害14級9号
XP(レントゲン)やMRI(磁気共鳴画像法)での画像所見有りの場合→後遺障害12級13号

上記は一般的な例であり、交通事故の形態は10件10色、1万件1万色であり、決して同じ形態の交通事故はありません。
依頼者様の状況をよく聞いた上でどのような方向で進めていくか丁寧にご説明致します。

交通事故