異議申立について

後遺障害等級の異議申立とは

後遺障害申請をして認定の結果が書面にて通知されますが、認定機関が認定した等級が下位の等級であったり、非該当という認定に不満を感じる場合も当然あることでしょう。
この場合、再度、審査しなおしてくれと申立てをすることができます。
この再度の審査を求める手続を異議申立といいます。

異議申立には専門知識と経験が必要

知識や経験がない被害者の方ご自身が異議申立を行なう場合、的確な異議申立の理由を記載することや、必要な資料を集めることも難しいと思います。

どれだけがんばって作成しても、資料を集めても異議申立が必ず認められるわけではありませんが、適切な方法を取ることによって、認められる確率はかなり違ってきます。

異議申立には後遺障害認定理由に大きなヒントが

異議申立を検討しているのであれば、まず後遺障害認定結果の通知(名前に若干の変更があります)というものがお手元にあるかと思います。
そこには、別紙としてなぜこのような結果になったのかという理由が記載されているはずです。

そこに大きなヒントが隠れている可能性があります。
○○とのことを勘案すれば・・・
○○によるものは見受けられないことから・・・
この○○を証明することや、反証することで異議申立結果は変わります。
ポイントは症状と症状に対する医学的な説明や証明です。

異議申立書の作成方法について

請求先の自賠責保険の証明書番号・被害者名・事故日・事故状況・異議申し立ての趣旨及び根拠を記載し新たな書類等を添付します。
加害者の恨みや不満などを書いても意味がありません。
理由と根拠を明確に主張していきましょう。