目の後遺障害と症状(眼球の損傷・眼窩底骨折・視神経損傷など )

視力(視力障害)

具体的な症状
眼球への直接外傷を受けたり、頭蓋骨骨折等に伴い視神経を損傷したりして、失明、視力低下などの後遺障害が残ります。
視力を測定し認定等級を判断します。(眼鏡・コンタクトレンズ・眼内レンズによって得られた視力を含みます。)

後遺障害認定の可能性がある等級
1級1号:両眼が失明したもの
2級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.02 以下になったもの
2級2号:両眼の視力が0.02 以下になったもの
3級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.06 以下になったもの
4級1号:両眼の視力が0.06以下になったもの
5級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
6級1号:両眼の視力が0.1以下になったもの
7級1号:1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
8級1号:1眼が失明し、又は、1眼の視力が0.02以下になったもの
9級1号:両眼の視力が0.6以下になったもの
9級2号:両眼の視力が0.6以下になったもの
10級1号:1眼の視力が0.1以下になったもの
13級1号:1眼の視力が0.6以下になったもの

調節機能障害・複視・斜視

具体的な症状
ピントが合わない、見えにくい。
ものが二重に見える。
片方の目は視線が正しく目標とする方向に向いているが、もう片方の目が内側や外側、あるいは上や下に向いている。
調節機能障害は調節力(明視できる遠点から近点までの距離的な範囲)の低下数値と年齢別の比較、複視等は検査の数値によって認定等級を判断します。

後遺障害認定の可能性がある等級:調節機能障害
11級1号:両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
12級2号:1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの

後遺障害認定の可能性がある等級:運動障害
10級2号:正面視で複視を残すもの
11級1号:両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
12級1号:1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
13級2号:正面視以外で複視を残すもの

後遺障害認定の可能性がある等級:視野障害
9級3号:両眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの
13級3号:1眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すもの

まぶた欠損障害

具体的な症状
まぶたの欠損によって、まぶたを閉じたときに完全に角膜を覆い得ない、また白目が見えるなどの障害をいいます。

後遺障害認定の可能性がある等級:まぶたの欠損障害
9級4号:両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
11級3号:1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
13級4号:両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
14級1号:1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの

まぶた運動障害

具体的な症状
まぶたの開閉に支障があり、開瞼時に瞳孔領を完全に覆う、または閉瞼時に角膜を完全に覆い得なくなります。

後遺障害認定の可能性がある等級:まぶたの運動障害
11級2号:両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
12級2号:1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの

耳の後遺障害と症状 (耳の損傷・耳漏など)

聴力障害

具体的な症状
頭部外傷や聴力を司る神経や器官に損傷を受けた場合、耳が聞こえなくなったり、聞こえ難くくなったりする障害です。

後遺障害認定の可能性がある等級:聴力障害
両耳
4級3号:両耳の聴力を全く失ったもの
6級3号:両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6級4号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
7級2号:両耳の聴力が40cm以上の距離では、普通の話し声を解することができない程度になったもの
7級3号:1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
9級7号:両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
9級8号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
10級5号:両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することが困難である程度になったもの
11級5号:両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
9級9号:1耳の聴力を全く失ったもの
10級6号:1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11級5号:1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
14級3号:1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの

耳の欠損

具体的な症状
耳殻の軟骨部の欠損の範囲(1/2以上)によって等級認定の判断をします。
また耳殻軟骨部の1/2以上には達しない欠損であっても「外貌の醜状」として認定されることがあります。

後遺障害認定の可能性がある等級:耳の欠損
12級4号:1耳の耳介の大部分を欠損したもの