胸腹部臓器の後遺障害と症状

呼吸器の損傷、循環器の損傷、腹部臓器の損傷、泌尿器の損傷、生殖器の損傷

呼吸器の損傷

具体的な症状
呼吸が困難になった場合、後遺障害に該当することがあります。

後遺障害認定の可能性がある等級
1級2号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級2号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
3級4号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級3号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11級10号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

循環器の損傷

具体的な症状
心機能の低下による運動耐容脳の低下の度合いによって後遺障害が認定されます。

認定の可能性がある等級
7級5号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11級10号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの

腹部臓器(食道・胃・小腸・大腸・肝臓・すい臓・ひ臓)の損傷

具体的な症状
腹部臓器(食道・胃・小腸・大腸・肝臓・すい臓・ひ臓)の損傷によって生じた障害

後遺障害認定の可能性がある等級
5級3号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11級10号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

泌尿器の損傷(じん臓、尿管、尿道、膀胱 等)

具体的な症状
頻尿、失禁、尿道狭窄、膀胱、腎臓に後遺症を残すものです。

後遺障害認定可能性のある等級
5級3号:胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級5号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
11級10号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、労務の遂行に相当な程度の支障があるもの
13級11号:胸腹部臓器の機能に障害を残すもの

生殖器の損傷

具体的な症状
こう丸や卵巣を失って生殖機能を完全に喪失した状態や陰茎の大部分を欠損、勃起障害、射精障害等生殖機能に著しい障害を残した場合に後遺障害として認められます。

後遺障害認定の可能性がある等級
7級5号:胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級11号:生殖器に著しい障害を残すもの