認定の有無の違い

交通事故による後遺障害が等級認定されると、次の効果があります。
傷害慰謝料とは別に、等級に応じて逸失利益や後遺障害慰謝料などが請求できます。

傷害慰謝料とは

一般的に多くの人が慰謝料と思われている交通事故発生時から治療終了(症状固定)又は完治までの期間に対する慰謝料です。
基本的には、入通院日数・期間で算出されます。
骨折によるギプス装着期間なども含まれます。(一部例外を除く)

遺失利益とは

治療終了(症状固定)から将来にわたり労働能力の喪失に対する賠償です。
本来事故が無ければ得られたであろう給与・収入などが逸失利益として損害賠償の対象となるものです。

後遺障害慰謝料とは

治療終了(症状固定)から将来にわたり肉体的・精神的負担に対する慰謝料です。

等級が認定されなければ、どんなに症状が残っていても、その後遺症(逸失利益・後遺障害慰謝料)に対する適正な賠償を受けることはできません。(一部例外を除く)

画像の説明

 お問い合わせはこちらから