費用について

報酬が必要な場合は、必ず事前に、お見積もりを提示させていただきます。見積もり額についてご不明な点は、契約前にお気軽にご質問ください。
見積もりに対し、お客様の合意が得られなければ、報酬が発生することはございません。また、見積もりをせずに、後から高額な報酬を請求することも絶対にございません。

費用について

交通事故のご相談は何度でも無料です。
当事務所では成功報酬型を採用しております。
1回目の後遺障害等級認定申立について非該当だった場合、報酬は頂いておりません。
※症状固定前、後遺障害診断前にご依頼された場合です。
弁護士費用特約に加入しており、お客様自身の負担がない場合や、ご相談により問題が解決した場合は、保険会社様より報酬を頂きます。

後遺障害認定等級申立の報酬は、弁護士費用特約が使用できる場合は、依頼者様の負担は事実上0円です。
詳しくは加入任意保険会社へご確認下さい。
※状況により弁護士費用特約にて報酬額すべてを填補できない場合があります。
その場合につきましては、差額分のお支払いを依頼者様にお願いしております。

弁護士費用特約のみの保険使用であれば、多くの保険会社がノーカウント事故扱いで、保険等級はそのまま・保険料の値上がりはありませんので、ご安心してご利用できます。

後遺障害認定申立(初回)の料金

初回後遺障害等級申立の結果、後遺障害に認定された場合の報酬は次のとおりです。  
※例でありひとつの目安です。事故状況、治療状況により変動がございます。

(例1)後遺障害等級認定申立 → 後遺障害14級認定
       報酬金額は、14万円です。

(例2)後遺障害等級認定申立 → 後遺障害13級認定
       報酬金額は、15万円です。

(例3)後遺障害等級認定申立 → 後遺障害12級認定
       報酬金額は、25万円です。

(例4)後遺障害等級認定申立 → 非該当
      報酬金額は頂きません。0円です。
      着手金も実費費用も請求ありません。(病院へ支払う文書発行費用は除きます)

11級以上の後遺障害は自賠責保険金額の概ね12%~3%になります。
11級以上の後遺障害等級につきましては、依頼者様の状況により業務内容が大きく変わりますのでお見積もり時に詳しくご説明致します。

後遺障害異議申立の料金

異議申立の結果、上位等級に認定された場合の報酬は次のとおりです。

異議申立は着手金が必要になります。
着手金費用については、初回申請からの依頼の有無や症状、医師面談等の必要性によって変わります。

(例1) 初回非該当→異議申立→後遺障害14級認定 
     報酬金額は着手金(3万円~5万円)+成功報酬14万円です。

(例2) 初回非該当→異議申立→後遺障害12級認定
     報酬金額は着手金(3万円~5万円)+成功報酬35万円です。

(例3) 初回14級認定→異議申立→後遺障害12級認定    
     報酬金額は着手金(3万円~8万円)+成功報酬30万円です。

(例4)  初回非該当→ 非該当
      着手金のみとなります。(3万円~)
      

※例でありひとつの目安です。事故状況、治療状況により変動がございます。
上記以外の等級につきましては、お気軽にお尋ね下さい。

すでに他社(行政書士事務所)へお見積りを取られている方、当事務所へご依頼を検討しているお客様へ

他社と比較することを強くおすすめします!

医師面談・書類受け取りの費用

状況により発生する場合がございます。
費用が発生する場合は、必ず依頼者様に確認を致しますのでご安心下さい。

報酬のお支払い時期

当事務所では、業務完了後に依頼者様が結果を確認してから報酬をお願いしております。