頭・脳の後遺障害と症状 脳損傷(脳挫傷・クモ膜下出血・硬膜下出血・びまん性軸索損傷)など

高次脳機能障害

具体的な症状
1. 記憶障害 
記憶障害とは、事故や病気の前に経験したことが思い出せなくなったり、新しい経験や情報を覚えられなくなった状態をいいます。

2. 注意障害 
注意障害とは、周囲からの刺激に対し、必要なものに意識を向けたり、重要なものに意識を集中させたりすることが、上手くできなくなった状態をいいます。

3. 遂行機能障害 
遂行機能障害とは、論理的に考え、計画し、問題を解決し、推察し、そして、行動するといったことができない。また、自分のした行動を評価したり、分析したりすることができない状態をいいます。

4. 社会的行動障害
社会的行動障害は、行動や感情を場面や状況にあわせて、適切にコントロールすることができなくなった状態をいいます。

高次機能障害は4能力(意思疎通能力・問題解決能力・作業負担に対する持久力・社会行動能力)に係る喪失の程度よって等級認定を判断します。

後遺障害認定の可能性がある等級
別表第1
1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第2
3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの

麻痺(身体性機能障害)

具体的な症状
脳損傷により身体に麻痺が残ることがあります。
両上肢、両下肢ともに麻痺するのが四肢麻痺、両上肢または両下肢が麻痺するのが対麻痺、片側の上肢または下肢が麻痺するのが単麻痺です。
麻痺の範囲(四肢麻痺・対麻痺・単麻痺)及びその程度(高度・中度・程度)により認定等級を判断します。

後遺障害認定の可能性がある等級
別表第1
1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第2
3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの

てんかん(外傷性てんかん)

具体的な症状
てんかんは、脳に起きる異常な神経活動を原因として発症します。
てんかんの主な症状は、痙攣・突然意識を失う・記憶が飛ぶ・急に活動が止まって昏倒するなどの意識障害が起こることもあります。
薬で発作を抑えることができるか、発作の頻度、意識障害の有無により後遺障害の認定等級を判断します。

後遺障害認定の可能性がある等級
別表第1
1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第2
3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの