首の後遺障害と症状 (頚椎捻挫・むち打ち損傷・頚椎圧迫骨折・頸髄損傷)

頚椎捻挫・むち打ち損傷

具体的な症状
頚椎捻挫・むち打ち症の症状は、頚部周辺のコリや痛みのほか、上肢のしびれ、めまい、吐気、倦怠感、頭痛、視力障害など様々なものがあります。
詳しくはむち打ち(ムチウチ)をご覧下さい。

後遺障害認定の可能性がある等級:ムチウチ
別表第2
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの

頚椎圧迫骨折

具体的な症状
頚椎圧迫骨折は頭頂部に衝撃が加わって頚椎が過屈曲し、圧迫力により頚椎の前方部で骨折が生じます。
後彎又は側彎の程度、画像確認、稼動域などにより等級を判断します。

後遺障害認定の可能性がある等級:頚椎骨折:変形障害
別表第2
6級5号:脊柱に著しい変形を残すもの
8級2号:脊柱に中程度の変形を残すもの
11級7号:脊柱に変形を残すもの

認定可能性のある等級:運動障害
6級5号:脊柱に著しい運動障害を残すもの
8級2号:脊柱に運動障害を残すもの
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの

頸髄損傷

具体的な症状
頸椎の脱臼・骨折等により、頸髄を損傷して手足を動かしたり、痛みや温度等を感じたりすることができなくなってしまう(四肢麻痺)後遺障害。脊髄損傷で首の部分の脊髄の損傷を頸髄損傷といいます。

後遺障害認定の可能性がある等級:頸髄損傷
別表第1
1級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
2級1号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
別表第2
3級3号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5級2号:神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
7級4号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
9級10号:神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号:局部に神経症状を残すもの